electrification

問題は解消されている

以前まで、火力が弱い等オール電化に対するデメリットもさまざまありましたが、技術の発展により今では解消されてるいものが殆どです。

あえて挙げるのであれば機器が高いことですかね。
まあ、IHクッキングヒーターやエコキュートともに、年々値下がりしているのですが・・。

それ以外では停電時に家庭内の熱源機器が使用できないと言われる方もいましたが、最近のガス機器は電気制御しているのも多いので現在と変わりません。

電気給湯機の貯湯タンクを配置するスペース的な問題でも、薄型などの種類も充実していますので、これについても問題なくなりました。

調理器具

IHクッキングヒーターで使える鍋は限られていますが、鉄やステンレス、鉄ホウロウ製で、底面が平らなものであれば使用可能です。

また、銅鍋やアルミ鍋でもオールメタルタイプと呼ばれるものであれば加熱が可能になりますが、火力は落ちてしまうので気を付けましょう。

鍋の底面が接触していないと加熱や鍋振りが出来ないと言われてきましたが、光温度センサーを搭載している物もあるので鍋振りが可能になりました。

最近では量販店にIH対応の調理器具が多数販売されており、購入する際の選択の幅も広がってきております。